NTT東日本長者町ビル(旧横浜中央電話局長者町分局)|上浪 朗

旧横浜中央電話局長者町分局の概要

逓信省技師上浪 朗が設計に携わった初期の建築として知られます。当時の逓信省は電話普及に伴う庁舎の建設ラッシュで、多くの逓信省技師が腕を競っていた時期にあたります。施工は大林組でした。大正期にできた現役オフィスビルとしても貴重な存在といえるでしょう。

旧横浜中央電話局長者町分局

旧横浜中央電話局長者町分局の詳細

横浜中央電話局長者町分局は識者によると、一見すると控えめなデザインながら、ドイツ表現主義の影響が少なからず見られるといいます。1922年(大正11年)東京大学工学部建築学科を卒業し、同年逓信省経理局営繕課に進んだことは知られていますが、20代後半の活動はあまり知られていません。その意味で震災復興期にあたる大正14年の建築は貴重であり、良好な状態で保存されている点でも意義深いものといえます。

旧横浜中央電話局長者町分局

旧横浜中央電話局長者町分局(NTT東日本長者町ビル)のへのアクセス

所在地
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町5-60 NTT長者町ビル

アクセス
鉄道:JR関内駅 南口 徒歩6分
鉄道:横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅 出口3A 徒歩 1分

旧横浜中央電話局長者町分局

旧横浜中央電話局長者町分局

横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅からは至近であり、付近には「長者町電話局前」という交差点があります。市営バスのバス停乗り場があり、老舗商店街で知られる伊勢佐木町商店街にもほど近いため、にぎやかな場所となっています。その横浜の中心部を大正時代から見守っています。現在、敷地内にはNTTグループ企業やNTT労働組合などが入居しています。(2022年6月訪問)

参考
李明、石丸紀興、「建築家上浪朗の逓信局舎建築作品に関する考察一広島郵便局電話分室と広島逓信局庁舎建築を中心として一」(日 本建築学会計画系論文集第610号、2006年12月)

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP