彦根市河原の高崎家住宅|旧川原町郵便局

旧川原町郵便局の概要

高崎家住宅は江戸後期の町家であり、彦根川原郵便局舎(ひこねかわら)として改築されたのは昭和9年とされます。登録名は旧川原町郵便局となっているものの、大正14年3月11日時点の設置名は彦根川原郵便局であり、昭和59年12月17日に彦根河原郵便局に改称しており、正式な局所名とは異なります。文化財としての登録名と官公庁の正式名の異同は時おりみられますが、そうした例の1つといえるでしょう。なお、当局とほど近い場所にある彦根本町郵便局は明治24年5月に設置直後に彦根川原町郵便局と称していました。

旧彦根河原郵便局

旧川原町郵便局の詳細情報

現在は「逓信舍」としてLLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅により、情報発信の場として活用されています。過去には学生によるインターネットラジオ局の場としても活用されたことがあります。1階の旧郵便局執務室はカフェとなっています。(2020年時点)

旧彦根河原郵便局

旧川原町郵便局のアクセス

所在地
〒522-0083
滋賀県彦根市河原2-104

アクセス
JR・近江鉄道「彦根駅」から徒歩15分
近江鉄道「ひこね芹川駅」から徒歩9分

旧彦根河原郵便局

旧彦根河原郵便局の周辺は昭和な空気の漂う商店街となっている。

彦根城博物館

彦根城博物館には高崎家文書が保管されている。

彦根河原郵便局の基本情報

旧局舎から細い路地を100mほど進んだところに現在の郵便局舎があります。

所在地
〒522-0083
滋賀県彦根市河原2-4-2

彦根河原郵便局の沿革
大正14.03.11 設置 三等無集局 設置名称「彦根川原」
昭和16.02.01 特定無集局に改定
昭和59.12.17 現名称に改称

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP