エモい旧郵便局舎として話題を集めた|旧鹿篭金山郵便局

旧鹿篭金山郵便局の概要

鹿篭金山はかつて島津家を支えた三大金山の1つです。明治13年には当時全国の鉱山開発を手掛けていた五代友厚の所有となり、昭和まで採掘されました。この地に郵便受取所ができたのは明治37年12月のこと。翌年4月に郵便局に改定されました。

旧鹿篭金山郵便局

旧鹿篭金山郵便局の詳細情報

現存するレトロ郵便局舎は昭和初期のものとみられ、白を基調とした美しい建物です。郵便局が昭和56年に移転してからは長く空き家となっていましたが、令和2年6月に住居付き旧郵便局として売り出された時は「エモすぎる古民家物件情報」としてSNS上で話題を集めました。現オーナーはクラウドファンディングを成功させ、いよいよ令和4年夏に1日1組限定の宿(兼店舗)に生まれ変わります。

旧鹿篭金山郵便局

旧鹿篭金山郵便局のアクセス

所在地
〒898-0076
鹿児島県枕崎市金山町722

アクセス
JR九州指宿枕崎線「枕崎駅」から車で約16分
鹿児島交通「金山」バス停から徒歩2分

旧鹿篭金山郵便局

枕崎金山郵便局の基本情報

旧郵便局舎のある坂道を降りて徒歩1分ほどのところに現局舎が所在します。

所在地
〒898-0076
鹿児島県枕崎市金山町271

枕崎金山郵便局郵便局の沿革

明治37.12.16 設置 郵便受取所
明治38.04.01 三等無集局に改定
昭和16.02.01 特定無集局に改定
昭和56.04.06「枕崎金山」と改称

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP