そろばん教室として活用されている旧清満郵便局(愛媛県宇和島市)

旧清満郵便局の概要

清満郵便局は、かつて清満村(きよみつむら)と呼ばれていた地域に位置しています。清満村は1955年(昭和30年)まで愛媛県北宇和郡に存在した村で、現在の宇和島市南部に当たります。この地域は良質な米の産地として知られていました。

昭和の時代に行われた町村合併により、清満村は津島町に編入され、その後の平成の合併を経て宇和島市の一部となりました。地理的には、宇和島市の南部、岩松川中流から上流域およびその支流である増穂川の流域に位置しています。特に増穂川は岩淵にて岩松川と合流する地点があり、この地域は中山間地の特徴を持ちます。

旧清満郵便局

旧清満郵便局の詳細情報

清満郵便局は愛媛県宇和島市津島町岩渕甲にある歴史ある郵便局で、明治36年(1903年)12月10日に「岩淵」として郵便受取所として設置されました。明治38年(1905年)4月1日には三等無集局に改定され、大正元年(1912年)8月1日に現在の名称である清満郵便局に改称されました。

大正8年(1919年)6月26日には集配業務を開始し、昭和16年(1941年)2月1日には特定郵便局に改定されました。しかし、昭和61年(1986年)2月10日に集配業務は廃止され、その機能は津島に移管されました。現在、そろばん教室として貸し出している旧特定郵便局舎(三等郵便局舎)は昭和14年築のもの(『愛媛県教育委員会-近代化えひめ歴史遺産総合調査報告書-』の記述による)。平成元年までここで営業していました。

旧清満郵便局

旧清満郵便局のアクセス

所在地
〒798-3311
愛媛県宇和島市津島町岩渕甲1584-1

アクセス
松山自動車道「津島高田IC」から車で約8分
四国旅客鉄道・予讃線「宇和島駅」から車で約25分

旧清満郵便局

旧清満郵便局

清満郵便局の基本情報

清満郵便局の詳細は以下のとおりです。

所在地
〒798-3311
愛媛県宇和島市津島町岩渕甲1260-1

清満郵便局の沿革
明治36.12.10 設置 郵便受取所 設置名称「岩淵」
明治38.04.01 三等無集局に改定
大正01.08.01 現名称に改称
大正08.06.26 集配開始
昭和16.02.01 特定郵便局に改定
昭和61.02.10 集配廃止  引継:津島
書留引受局記号:6762
為替番号:61110

清満郵便局

清満郵便局 昭和21年

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
TOP