明治終わりの現存レトロ郵便局舎|旧川口郵便局(徳島県)

旧川口郵便局の概要

徳島の川口郵便局は長い間、集配特定局でした。明治8年1月2日開局の国政郵便局が始まりで、明治19年2月1日に川口郵便局に改称しています。現地資料によると、国の登録有形文化財としての川口郵便局(旧川口郵便局局舎及び主屋)は明治38年の局舎であり、昭和54年に改修を行いました。『局所原簿』によると、明治37年3月25日に移転があり、さらに昭和54年9月25日に現在の位置に移転したと説明されています。

旧川口郵便局

旧川口郵便局は左側の旧局長家と一体化した構造になっている。

旧川口郵便局の詳細情報

旧川口郵便局のある徳島県三好市山城町は香川県・高知県・愛媛県との県境にも比較的近い位置にあり、吉野川にそって走る国道32号沿いにある山間の集落となっています。JR土讃線の阿波川口駅の徒歩圏内にあります。白にエメラルドグリーンのペンキ塗が美しく、装飾も趣向が凝らされています。

本サイトでレトロ郵便局と呼んでいるものの多くが大正3年から昭和16年にかけてのものであり、明治時代終わりの局舎の数はかなり絞られてきます。その意味ではとても貴重な存在といえます。

旧川口郵便局

旧川口郵便局は装飾が複雑で、設計者の遊び心が感じられる旧局舎となっている。

旧川口郵便局のアクセス

所在地
〒779-5304
徳島県三好市山城町大川持584-1

アクセス
JR土讃線「阿波川口駅」から徒歩3分

旧川口郵便局

旧川口郵便局は国道32号から外れた旧道沿いに良好な保存状態で残されている。

川口郵便局の基本情報

阿波川口は吉野川と支流の銅山川が合流する地点にあり、川口郵便局の旧局舎は吉野川沿いの場所にあるのに対して、現在の局舎は銅山川沿いに位置しています。距離にして200m強であり、徒歩3分程度離れています。

所在地
〒779-5399
徳島県三好市山城町大川持527-4

川口郵便局の沿革
明治08.01.02 設置 五等郵便局 設置名称「国政」
明治19.02.01 現名称に改称
明治19.04.26 三等郵便局に改定
昭和16.02.01 特定郵便局に改定

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

阿波川口駅

JR土讃線の阿波川口駅舎

関連記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP