大正時代の鉄筋コンクリート造りの現役局舎|山形七日町二郵便局

山形七日町二郵便局の概要

山形七日町二郵便局は昭和13年4月16日に開局した郵便局(無集配)です。開局当初から通話と電報受付事務を行う局でした。山形市内の中心部に位置する七日町2丁目7-14(昭和37年11月末までの所在地名は七日町484)にありましたが、昭和47年5月8日に現在の七日町2丁目7-20に移転しました。昭和48年4月1日に現在の山形七日町二郵便局に改称しています。

山形七日町二郵便局の詳細情報

もともと洋品店として開店した建物であり、大正14年にできた鉄筋コンクリート造の建物です。関東大震災直後の本格的な耐火耐震建築物であり、山形県内の鉄筋コンクリート造りの建物として先駆的な建物の1つといえるでしょう。戦後は店舗の2階がダンスホールとビリヤード場になったこともあるようです。洋品店は西隣に松坂屋(現在のナナビーンズ)が進出したのを機に廃業し、昭和47年に近隣の山形七日町郵便局(当時の名称)が入居したかたちです。

山形七日町二郵便局のアクセス

所在地
〒990-0042
山形県山形市七日町2-7-20

アクセス
JR東日本奥羽本線「山形駅」から徒歩16分(1.2km)

山形七日町二郵便局

山形七日町二郵便局の基本情報

山形七日町郵便局は山形七日町二郵便局に改称しました。なお、大正10年5月6日に開局した小白川郵便局が昭和12年3月1日に山形小白川郵便局に改称し、さらに昭和44年4月1日に山形七日町五郵便局に改称しました(七日町5丁目13-27)。よく似た局名であるので、注意が必要です。

山形七日町二郵便局の沿革
昭和13.04.16 設置 三等無集局 設置名称「山形七日町」
昭和16.02.01 特定無集局に改定
昭和48.04.01 現名称に改称

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP