コミュニティカフェとして復活!「中名田モデル」ともいうべき再生事例|旧中名田郵便局

旧中名田郵便局の概要

中名田郵便局は大正5年7月26日に設置された郵便局で、初代局長は地域の有力者 大道四郎兵衛が務めました(『中名田誌』より)。現存する旧局舎は昭和11年頃のものであり、昭和45年7月26日まで郵便局としての役割を果たしました。小浜市下田の山間にあり、県道沿いに西面して建つ木造2階建となっています。1階は旧郵便局、2階は床付の座敷を配しています。やや細かな情報ではありますが、平成10年9月1日に「なかなだ」から「なかなた」へ読替改称を行っています。

旧中名田郵便局

令和4年まで続いた改修工事を終えたばかりの旧中名田郵便局

旧中名田郵便局(コミュニティカフェ「金四郎」)の詳細情報

旧中名田郵便局は令和4年3月にコミュニティカフェ「金四郎」として生まれ変わりました。「金四郎」は郵便局を運営していた大道家の屋号です。メニューはサイホン式で入れるコーヒーや昔ながらのクリームソーダ、アイスクリームやプリンなど、純喫茶の雰囲気が味わえます。また、地域の子どもたちがおこづかいの範囲で気軽に楽しめるように、お菓子や雑貨販売のコーナーも設けています。

旧中名田郵便局

大正時代の雰囲気がただようカフェ店内。調度品はかつて旅館で使用されていたものを再利用した。

「中名田モデル」ともいうべき再生スキーム

旧中名田郵便局はクラウドファンディングを利用した成功事例の1つでもあります。令和3年11月に「建物が繋ぐ時・思い・人。登録有形文化財の旧郵便局舎を修復活用したい」(Readyfor)として局舎の改修資金を募り、目標額の200万円を大きく超える資金が集まりました。

クラウドファンディングの発起人であり、旧局舎の所有者でもある吉村順子氏にヒヤリングをすると、決して偶然の産物ではなく、地域社会の巻き込み力、教育行政との連携、郵便局員・郵趣家の協力、地方自治の補助金・助成金の活用、開店まで数年間の準備期間を設けたことなど、いくつかのポイントがあったことがわかりました。詳細は別稿としたいと思いますが、実に深くまで考え抜かれた再生プランであり、「中名田モデル」ともいうべき旧郵便局舎の復活事例といえるでしょう。

旧中名田郵便局

旧中名田郵便局と早春の田園風景

旧中名田郵便局のアクセス

所在地
〒917-0355
福井県小浜市下田41-17

アクセス
車:舞鶴若狭自動車道「小浜西IC」より23分
バス:小浜駅より[小浜市コミュニティ]あいあいバス「山左近」下車徒歩2分

旧中名田郵便局

旧中名田郵便局には郵便マークを配した瓦がみられる。

旧中名田郵便局

旧中名田郵便局に残る「夜間受付窓口」跡。中をのぞくと、ステキなカフェがみえる。

中名田郵便局の基本情報

旧郵便局舎から徒歩約3分のところにあります。

所在地
〒917-0355
福井県小浜市下田33-11-1

中名田郵便局の沿革
大正05.07.26 設置 三等無集局(告示読みは「なかなた」)
昭和16.02.01 特定無集局に改定
平成10.09.01 現読みに読替改称(旧読みは「なかなだ」とある)

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP