丸型ポストの街に佇む明治の旧局舎|旧小平小川郵便局

旧小平小川郵便局(小平ふるさと村内)の概要

小平小川郵便局は明治13年10月16日に小川郵便局として開局し、明治15年10月から小川村の旧名主小川弥次郎が局長を務めました。その後、明治26年7月に小平郵便局に改称しました。現存の局舎は新たに荒井伊左衛門が明治42(1909)年3月から局長を務めた時からのもので、大正5(1916)年9月末に集配を廃止するまでは地域の郵便網の中心でした(国分寺郵便局へ移管)。

旧小平小川郵便局(小平ふるさと村内)の詳細情報

旧小平小川郵便局舎は昭和58(1983)年1月まで青梅海道沿いの郵便局として使用され、平成3(1991)年に小平ふるさと村内で復元工事が行われました。現在では旧局舎前に丸型ポストも設置され、大正・昭和のレトロな風情が楽しめます。なお、東京都小平市には都内の自治体で最多の31本(平成27(2015)年1月時点)の丸型ポストがあることから、「丸いぽすとのまち こだいら」としても知られます。

旧小平小川郵便局(小平ふるさと村)のアクセス

所在地
〒187-0004
東京都小平市天神町3丁目9番1号

アクセス
電車:西武新宿線「小平駅」から徒歩20分、西武新宿線「花小金井駅」から徒歩20分
バス:西武新宿線・花小金井駅北口から、立川バス「昭和病院行き」「大沼団地行き」、または都営バス「青梅車庫行き」に乗車、「昭和病院」バス停で下車徒歩3分

旧小平小川郵便局の基本情報

現在の小平郵便局は昭和38年12月に普通郵便局として開局した局です。一方の小平小川郵便局(旧特定郵便局)はかつての小平郵便局が昭和38年4月に改称し、平成27年3月20日の営業をもって廃止された局ですから、沿革史の上でも別の郵便局です。

旧小平小川郵便局の沿革
明治13.10.16 設置 五等郵便局 設置名称「小川」
明治19.04.26 三等郵便局に改定
明治26.07.01「小平」と改称
大正05.10.01 集配廃止  引継:国分寺
昭和16.02.01 特定無集局に改定
昭和38.04.01 現名称に改称
平成27.03.21 廃止

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

小平の日本一丸ポスト

小平駅近くの巨大丸型ポスト

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP