「〒マーク」の棟飾り

郵便マークの棟飾

屋根の棟にとりつけた装飾,あるいは装飾的要素をもつ棟形式を棟飾(むねかざり)といいます。棟飾は地域色もあり、なかには象徴的な意味合い・格式などを表現したりするものもあるようですが、ここでは特にカタカナの「テ」を図案化した郵便マークは全国各地のレトロ郵便局舎についていくつかの例を紹介したいと思います。

上恩方郵便局

東京都・上恩方郵便局

茨城県・旧筑波山郵便局(〒マーク棟飾り)

茨城県・旧筑波山郵便局

東京都・旧福生郵便局(〒マーク棟飾り)

東京都・旧福生郵便局

埼玉県・旧日高郵便局(〒マーク棟飾り)

埼玉県・旧日高郵便局

愛知県・旧明治郵便局(〒マーク棟飾り)

愛知県・旧明治郵便局

山梨県・旧上九一色郵便局(〒マーク棟飾り)

山梨県・旧上九一色郵便局

愛媛県・別子郵便局(〒マーク棟飾り)

愛媛県・別子郵便局

茨城県・旧葛城郵便局(〒マーク棟飾り)

茨城県・旧葛城郵便局

東京都・旧小平小川郵便局(〒マーク棟飾り)

東京都・旧小平小川郵便局

三重県・旧友生郵便局(〒マーク棟飾り)

三重県・旧友生郵便局

長野県・旧三義郵便局(〒マーク棟飾り)

長野県・旧三義郵便局

島根県・旧秋鹿郵便局(〒マーク棟飾り)

島根県・旧秋鹿郵便局

奈良県・旧御所郵便局(〒マーク棟飾り)

奈良県・旧御所郵便局

香川県・旧川岡郵便局(〒マーク棟飾り)

香川県・旧川岡郵便局

意外性のある胸飾の楽しみ

どこかユーモラスなもの、装飾性の高いもの、シンプルなものなど、個性あふれる棟飾はウェブ上でもことさらに取り上げられることは少ないので、実際に現地にいく楽しみの1つにもなります。いかがだったでしょうか。こうしてみていると、明治・大正・昭和の官庁・官衙のものと比べて権威的な要素が控えめであり、公衆に開かれた親しみやすさを感じさせるものが多いものと思われます。また、色もシンボルカラーの赤だけでなく、もとの瓦の色のままだったり、黒や灰といった無彩色のものもしばしばみられます。

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP