モルタル造の局舎を地域で活用|旧掛塚郵便局(竜洋郵便局)

旧掛塚郵便局の概要

掛塚郵便局は明治6年6月16日に開局した掛塚郵便局取扱所に始まります。昭和30年8月16日には竜洋郵便局に改称しました。現在は磐田市内ですが、当時の町名である磐田郡竜洋町に合わせたものです。同地は天竜川の木材が集まった場所で、木工・製材の町として栄えていたところで知られます。明治期の消印も比較的によく見かけることからそれなりの郵便の取扱い通数があった局と想像されます。

旧掛塚郵便局

旧掛塚郵便局の詳細情報

登録有形文化財に指定されている旧局舎は昭和10年に完成し、昭和42年まで使用されました。近隣にお住まいの有志の方が大切に維持管理されています。

旧掛塚郵便局

旧掛塚郵便局のアクセス

所在地
〒438-0235
静岡県磐田市白羽29-2

アクセス
JR東海道線「浜松駅」8 番乗り場 掛塚⽅⾯⾏に乗り20分、「掛塚」バス停下⾞徒歩5分
東名高速道路「浜松IC」「磐田IC」から車で約25分

旧掛塚郵便局

旧掛塚郵便局の窓口

竜洋郵便局の基本情報

所在地
〒438-0299
静岡県磐田市川袋1444-3

竜洋郵便局の沿革
明治06.05.06 設置 郵便取扱所
明治08.01.01 五等郵便局に改定
明治19.04.26 三等郵便局に改定
明治30.03.16 三等郵便電信局に改定
明治36.04.01 三等郵便局に改定
昭和16.02.01 特定郵便局に改定
昭和30.08.16「竜洋」と改称

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP