昭和8年に川越市駅前郵便局として設置|旧川越六軒町郵便局

旧六軒町郵便局の概要

川越六軒町(かわごえろっけんまち)郵便局は昭和8年6月1日に川越市駅前郵便局として設置された郵便局で、昭和17年9月に現在の名称に改称されました。開局から一貫して無集局となっています。なお、川越市駅は大正3年5月1日に東上鉄道の川越町駅として開業しました。六軒町の住民が寄附して開業したことから、「六軒町駅」と呼ばれていました。川越市制が開始された大正11年12月1日に川越市駅と改称しました。

旧川越六軒町郵便局舎

旧川越六軒町郵便局舎は不整形地に工夫して建てられたレトロ郵便局舎となっている。

旧六軒町郵便局の詳細情報

カワモク本部事務所は三角形の角地に銘木展示場を建築したのが始まりで、昭和12年頃に改築して郵便局としました。設計施工は地元の森 留吉によります。独特の意匠からなる外観は、地元六軒町のシンボル的な建物として広く知られています。平成9年12月12日に国の登録有形文化財となりました。文化財の正式名称としては「カワモク本部事務所棟(旧六軒町郵便局)」となっており、昭和17年9月1日以降の川越六軒町郵便局という局名とは異なります(文化財は「川越」の文字がない)。

窓枠などの形状に特徴のある旧川越六軒町郵便局舎

窓枠などの形状に特徴のある旧川越六軒町郵便局舎

旧六軒町郵便局のアクセス

所在地
〒350-1113
埼玉県川越市田町5-1

アクセス
東武東上線「川越市駅」から徒歩5分

旧川越六軒町郵便局舎

旧川越六軒町郵便局舎の1階にはイタリア料理店、2階にはアジア料理店が入居している。

川越六軒町郵便局の基本情報

所在地
〒350-0041
埼玉県川越市六軒町1-4-15

川越六軒町郵便局の沿革
昭和08.06.01 設置 三等無集局 設置名称「川越市駅前」
昭和16.02.01 特定無集局に改定
昭和17.09.01 現名称に改称

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

・・・・・・・・・・・・・・・・
(参考)

小江戸川越のシンボル「時の鐘」

小江戸川越のシンボル「時の鐘」

景観と調和している川越元町郵便局

景観と調和している川越元町郵便局

川越旧市街の「札ノ辻」交差点近くには、川越元町郵便局があります。菓子屋横丁、川越まつり会館にほど近い場所にあり、小江戸といわれる景観に調和した建物であり、「レトロ風」な郵便局舎となっています。

関連記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP