旧芦屋郵便局電話事務室を設計|上浪 朗

旧芦屋郵便局電話事務室の概要

吉田鉄郎、山田 守と同世代の逓信省技師の中に、上浪 朗(うえなみあきら)がいます。上浪は明治30年に大阪に生まれ 、大正 11 年に東京大学工学部建 築学科を卒業し、同年逓信省経理局営繕課に進み、逓信省の建築家になりました。旧芦屋郵便局電話事務室は昭和4年に上浪が設計した建築で、鉄筋コンクリート造で森田組が施工しました。美しいスクラッチタイル貼りですが、昭和19年には防空のため、コールタールで黒色塗装された歴史もあります。

 

旧芦屋郵便局電話事務室

旧芦屋郵便局電話事務室の詳細情報

旧芦屋郵便局電話事務室は電話交換局として昭和56年まで使用されました。平成16年までNTT西日本の施設として使用されたのち、結婚式場・レストラン「芦屋モノリス」として活用されるようになりました。建築当初の意匠を極力保存しながら、現代の用途に合った形にリノベーション及び美観に配慮するかたちで増築されており、改修後の平成23年には第20回BELCA賞ロングライフ部門の表彰を受けています。

旧芦屋郵便局電話事務室

旧芦屋郵便局電話事務室(芦屋モノリス)のアクセス

所在地
〒659-0066
兵庫県芦屋市大桝町5-23

アクセス
JR「芦屋駅」南口徒歩5分
阪神電車「芦屋駅」東改札・北出口徒歩約4分
大阪方面より阪神高速「芦屋IC」より約5分
三宮方面より阪神高速「深江IC」より約8分

旧芦屋郵便局電話事務室

旧芦屋郵便局電話事務室-とても印象的な廊下

旧芦屋郵便局電話事務室

旧芦屋郵便局電話事務室―美しい模様の施されたタイル

芦屋市の街並み

芦屋市の街並み

芦屋郵便局の基本情報

旧芦屋郵便局電話事務室とは別庁舎であり、関連度合いはあまり高くありませんが、ここでは便宜的に芦屋郵便局の沿革を記しておきます。

所在地
〒659-8799
兵庫県芦屋市平田北町4-13

芦屋郵便局の沿革
大正01.08.01 設置 三等無集局 設置名称「蘆屋」
大正04.07.11 集配開始
大正08.09.26 二等郵便局に改定
昭和16.02.01 普通郵便局に改定
昭和24.03.01 現名称に改称

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP