重要文化財 旧京都中央電話局西陣分局舎を遺す|岩元 禄

旧京都中央電話局西陣分局舎の概要

レトロ郵便局、逓信建築を追いかけていると、逓信省技師の岩元 禄(いわもとろく)に行き着くことになります。岩元は鹿児島県生まれの建築家で、大正7年に東京帝国大学工科大学建築学科卒後、逓信省に入省しました。建築家として将来を嘱望されつつ、結核にかかり、29歳の若さで世を去りました。唯一現存する作品が、京都中央電話局西陣分局(重要文化財・現NTT西陣別館)です。

旧京都中央電話局西陣分局舎

旧京都中央電話局西陣分局舎―高額の電信電話機器を保管するため、堅牢な造りとなっている。

旧京都中央電話局西陣分局舎の詳細情報

旧京都中央電話局西陣分局は岩元の設計により大正9年10月起工、大正10年12月にしゅん工したRC造一部木造・地上3階の建築物です。2階部分が電話交換業務に供用されました。平成28年10月のNTTファシリティーズ一級建築士事務所による改修を経て、西陣産業創造會館として使用されています。改修後の受賞として、次のものがあります。

旧京都中央電話局西陣分局舎

旧京都中央電話局西陣分局舎―壁面の装飾に岩元禄の独創性が光る。

平成29年 第5回京都建築賞入選 藤井厚二賞現地審査選出作品
平成30年 第62回大阪建築コンクール 渡辺節賞奨励賞
平成30年 日本インテリアプランニングアワード2018入選

旧京都中央電話局西陣分局舎のアクセス

所在地
〒602-8061
京都府京都市上京区油小路通中立売下る甲斐守町97番地

旧京都中央電話局西陣分局舎

旧京都中央電話局西陣分局舎―細部の意匠が美しい

アクセス
京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩約13分
JR京都駅より京都市バス(B1,B2 のりば)から9系統、50系統「堀川中立売」下車、徒歩3分

関連記事

アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP