大正期のタイル貼りの局舎が現存|旧彦根本町郵便局

旧彦根本町郵便局の概要

彦根本町郵便局(ひこねほんまちゆうびんきょく)は明治24年5月1日に設置された彦根川原町郵便受取所を起源とします。現存する彦根本町郵便局の旧局舎は大正時代に建設されたもので、明治24年の開局時の郵便局舎から数えて2代目局舎であり、開局時点の仮設的なものも含めれば3代目の局舎となります。地元では「旧本町郵便局舎」として親しまれています。

同じ彦根市内にあり、国の登録有形文化財となっている旧彦根河原郵便局舎(旧川原町郵便局)とよく似たタイル貼りのレトロ郵便局舎となっていて、併せて訪問したいところです。

旧彦根本町郵便局

旧彦根本町郵便局は城下町の伝統的景観ともよく調和している。

旧彦根本町郵便局の詳細情報

彦根市の本町キャスルロードから150m位入ったところにあります。外観は大正期に流行したセッションの造形が巧みに用いられており、木枠の上げ下げ窓や、その下の石張り装飾、そして軒下の飾りなどに特徴があります。室内意匠も充実しており、また保存状態もよいのですが、内部は非公開となっています。(2020年時点)

旧彦根本町郵便局

旧彦根本町郵便局は細部の装飾も華やかさがあり、見る人を楽しませるものとなっている。

旧彦根本町郵便局のアクセス

所在地
〒522-0064
滋賀県彦根市本町1-3-36

アクセス
徒歩:JR西日本・近江鉄道「彦根駅」から16分
車:「彦根IC」から11分

旧彦根本町郵便局

旧彦根本町郵便局は窓枠や細部に大正時代を感じさせ、味わい深い。

旧彦根本町郵便局

旧彦根本町郵便局の南側には現在の彦根本町郵便局が営業している。

彦根本町郵便局の基本情報

彦根本庁郵便局は彦根郵便局から350m、彦根河原郵便局から850mといずれも徒歩圏内に位置しています。

所在地
〒522-0064
滋賀県彦根市本町1-3-36

彦根本町郵便局の沿革
明治24.05.01 設置 郵便受取所 設置名称「彦根川原町」
明治24.06.01 現名称に移転改称
明治38.04.01 三等無集局に改定
昭和16.02.01 特定無集局に改定

沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP