簡易保険業務を担った逓信省簡易保険局庁舎|旧三田台郵便局(解体)

逓信省簡易保険局庁舎(東京簡易保険支局・東京簡易保険事務センター・三田台郵便局)の概要

かつて三田台郵便局という普通郵便局が東京都港区にありました。設置時点の名称は簡易保険局構内郵便局(二等無集局)であり、逓信省本省の簡易保険局の庁舎内にある郵便局でしたが、郵便はがきや書状などの実逓便も一定数残されています。昭和16年9月11日に東京簡易保険支局内郵便局に改称し、昭和24年6月21日に三田台郵便局となりました。普通の地名による郵便局になりましたが、なおも逓信建築として名高い(旧)逓信省簡易保険局庁舎の中に残り、簡易保険関連の郵便物の処理を集中的に行う特殊な機能を持つ普通無集局として残りました。

逓信省簡易保険局庁舎(東京簡易保険支局・東京簡易保険事務センター・三田台郵便局)の詳細情報

昭和初期の建物ということもあり、採光に難があり、局舎内が暗かったという話は複数の郵政関係者から聞きます。無集配ながら通常の集配局と同等かそれ以上の郵便局という扱いでした。東京都港区三田の文教地区にほど近く、道路向かいが「綱町三井倶楽部」であり、その隣が「イタリア大使館」といった立地にありましたが、逓信省技師の張 菅雄が設計した庁舎は瀟洒な雰囲気を讃え、三田という場所の風土に彩を添える建物でした。惜しまれながら解体され、新たに「三田ガーデンヒルズ」(2025年完成予定)として生まれ変わります。旧庁舎は外壁の一部が保存され、「三田ガーデンヒルズ」の一部として活用されます。

旧東京簡易保険事務センター

逓信省簡易保険局庁舎(東京簡易保険支局・東京簡易保険事務センター・三田台郵便局)の跡地へのアクセス

所在地
〒108-0073
東京都港区三田1丁目4−60

アクセス
電車:東京メトロ/都営地下鉄「麻布十番駅」から徒歩 8 分
電車:都営地下鉄「赤羽橋駅」から徒歩 8 分
旧東京簡易保険事務センター

逓信省簡易保険局庁舎(東京簡易保険支局・東京簡易保険事務センター・三田台郵便局)の基本情報

https://bluestyle.livedoor.biz/archives/52493076.html ←再開発の記事
旧東京簡易保険事務センター

逓信省簡易保険局庁舎(東京簡易保険支局・東京簡易保険事務センター・三田台郵便局)の沿革

昭和04.12.01 設置 二等無集局
昭和16.02.01 普通無集局に改定
昭和16.09.11 「東京簡易保険支局内」と改称
昭和24.06.21 「三田台」と改称
平成15.08.31 廃止 (引継:高輪)
沿革は『日本郵便局名鑑 』森 寿博 編著/武田 聡 追補/鳴美、2021年より。

関連記事

アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
TOP